ホシナの挑戦ブログ

博打生活者が、博打以外で生計を立てるまでの挑戦記録

ざっくりと京都新聞杯2019

 

どーーも!!ホシナです!!

 

 

ここでは土曜に行われる京都新聞杯について考えてみたいと思います。

優先出走権は無いですが、ダービー出走を目指して賞金を加算したい馬達の戦いですね。

 

今年はどんな馬が台頭してくるのか。

 

 

過去データや、傾向を踏まえた上でのワタシの見解と推奨馬をあげていきたいと思います!!

 

 

なお日曜に行われるNHKマイルカップについても、別の記事で書いています。

併せて読んでもらえるとうれしいです(^^)

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

京都新聞杯 2019

ホシナ的傾向と考察

 

 

 

 

☆ポイント☆

 

・過去10年で見ると、3連単10万超えが2回。昨年こそ少し荒れましたが、本来はそこまで大きな波乱は無さそうです。

 

・1、2、3番人気で8勝と上位人気馬が力を発揮しやすいレースですね。また11番人気以下は、1度も馬券になっていません。極端な穴狙いは避けた方がいいでしょう。

 

・前走は重賞、500万からきた馬が中心です。なお、未勝利からきた馬は1度も馬券になっていません。

 

・2、3、4枠が非常に優秀ですが、1枠はかなり苦戦しています。真ん中より内がよさそうですが、1枠に入った場合は割り引いた方がよさそうです。

 

・脚質は逃げ馬は苦戦していますね。先行と中団待機組がよく馬券になっています。また、早い上がりが使える馬も好走しています。

 

 

 

 

★イチ推しデータ★

 

・ディープ産駒。京都外回りという事で、ディープインパクト産駒がよく馬券になっています。今年も有力馬に産駒がいますし、注目ですね。

 

 

 

 

 

こんなところでしょうか!!

重賞での好走馬もいるにはいますが、これといって抜けた馬はいないように思います。

個人的な見解ですが『今年は荒れる』と思って買いたいと思います。

 

 

 

 

そんな中、現在注目しているのは

 

 

 

 

 

 

 

 

タガノディアマンテ

 

 

 

 

です!!前走は皐月賞で6着と健闘。京都はきさらぎ賞2着がありますし、問題ないでしょう。状態がよければ軸候補ですね。

 

 

 

 

 

あとは追い切りや枠、馬場状態なんかも加味して結論を出したいと思います!!

 

週末には勝負レースに買い目、簡単な考察を書いたブログをあげてます。

読んでもらえたらうれしいです!!

 

 

ではまた('ω')ノ