土地活用としてアパート経営をはじめました

事前に情報収集し具体的な経営計画を立てる

最初からどのようなことが発生するのかそのリスクについて目を向けていることにより、損失やトラブルを未然に防ぐことも可能です。
開いた土地があるから簡単に経営しようと考えるのではなく、空いた土地をうまく活用するためにどのような経営を始めればよいのかということを意識することが大切だと分かりました。
まず最初に私が始めたことは、経営するにあたり必要な情報を集めたことです。
本やネットなどで独学で勉強しましたが、時々企業が実施している無料セミナーにも参加したのです。
そして不動産仲介会社などとも相談しながら、土地について考えました。
元から土地はあったのですが、土地の売買を行っている不動産仲介会社などに相談してアドバイスももらうことができました。
そして早い段階で建築会社や工務店などに相談や見積もりを依頼しました。
アパート経営プラン検索サービスと呼ばれるものがあったのでこれをうまく使い、複数の業者から提示してもらったプランに目を通して、魅力的に感じた業者とコンタクトを取ったのです。
ある程度の予算と希望を伝えたので、初心者でも具体的な経営計画を立てることができました。
そしてそのプランをもとに金融機関にローンを申し込みました。
金融機関側はどちらかと言うと経営計画の出来を重視するのですが、この時に私はプロと一緒に考案したプランを提出したので、審査を簡単に通過することができました。

土地活用の一つとしてアパート経営をしている / 事前に情報収集し具体的な経営計画を立てる / 経営が軌道に乗り家賃収入が得られるように